医薬品の育毛剤のメリットとは?

高い改善効果が期待できる

薄毛や抜け毛の悪化を防ぐためには何等かの対策を行う必要がありますが、特に手軽に取り入れることができる方法としては育毛剤の利用があげられます。育毛剤は実に多くの種類が販売されていますが、どれを選んでも同じというわけではありません。まず、一般的に発毛剤、育毛剤として販売されているものは、医薬品、医薬部外品、さらに化粧品があります。医薬品の育毛剤を選ぶメリットを知っておきたいですが、医薬品は特に高い改善効果が期待できるということがあげられます。医薬品として発売されている育毛剤は医療機関で処方されるものと、薬局で購入できるものがあります。医療機関で薄毛治療として取り入れられている医薬品ではミノキシジルやプロペシアが特に有名です。ミノキシジルは血行を促進させて髪をより生えやすくしてくれますし、プロペシアは過剰な男性ホルモンの働きを抑えるのに役立ちます。

医薬部外品の育毛剤とは

ミノキシジルが配合された育毛剤は医療機関だけではなく、薬局でも購入することができ、男性用だけではなく女性用も発売されています。こうした医薬品は第一類医薬品となっており、高い効果が期待できるものの副作用のリスクもあることから、薬剤師との対面販売が必要となります。より穏やかな効果が得られるものとしては、第二類医薬品や第三類医薬品の育毛剤もあります。そして、より手軽に入手できる育毛剤としては医薬部外品があります。こうした商品は厚生労働省によって効果効能が認められているものの、より穏やかな作用で副作用の少ないものとなっています。どちらかというと発毛を促進させるというよりは抜け毛や薄毛の予防に役立つ商品であるということは理解しておきましょう。